注目の道院

奈良郡山城道院
大和郡山市

道院で心・技・体を磨いて強くなろう!
奈良郡山城道院 -吉村 雅至-
道院長
吉村 雅至 先生
(大導師 准範士 六段)
趣味/特技 計画と現実がズレた時のトラブル対応力は並外れてます
連絡先 090-2350-8477
neym89@yahoo.co.jp
HP 道院サイトはコチラ
ブログ 道院ブログはコチラ
基本情報 道院サイト

先生について

道院長になったきっかけ/エピソード

1984年の23才から少林寺拳法教室の講師をはじめて2001年の40才で「DMGやまと郡山城ホール」の敷地内に「大和郡山市立武道場」が併設されてたので指導者が必要になり道院長になりました。
私からの声かけで最初から45人の拳士が集まり、いいイメージではじめることができました。
一人で大勢の新入門者白帯の指導をしましたが、少林寺拳法教室の講師の時も17年間一人で40人強の受講者への指導していたので、声を張りながら体を動かして情熱を持って対応できました。

指導に心がけている事

少年部の拳士は、私の幼い時と比べると既に優秀です。大人になって私の年齢になった時には私よりはるかに優秀な人物になっていると確信しています。
「声のかけ方などつまらないことで傷つけない」ように心がけています。

一般拳士には、「上達が実感できる」、「日常生活に役に立つ」、「怪我をしない練習」を心がけています。

技の上達方法としては、「少林寺拳法の技の原理原則」、「他武道や競技との共通点」、「日常生活動作との共通点」を説明して、普段の何気ない動作が基本であることを説明しています。

シンプルに説明して技を身近に感じてもらえるように心がけています。

どんな道院を目指している?

鎮魂行、技術修練、各種行事でその場にあった最高の身のこなしが出来る拳士が育つ道院を目指しています。

道院について

道院の特徴/雰囲気

笑顔一杯自分の可能性を信じてワクワクする拳士が居る道院です。

先輩は後輩を大事にして、少林寺拳法の教えの一つである「自他共楽」を絵に描いたような、そんな道院環境が奈良郡山城道院にはあります。

道院長である私が指示するのではなく、「拳士がお互いに助け合い」、いつの間にか自然とつながっていくようなそんな伝統をつくってくれました。

限られた修練の時間の中で、自主性を大切にし、仲間と一緒に楽しみながら少林寺拳法の修行を続けている姿を見ると、少林寺拳法の教えがいかに人の心をつないでいくのかと言うことを、感じます。

所属拳士からの一言

吉村先生は優しくして下さります。
道院は将来の社会のリーダーとなる人を育てるための場所であると吉村先生に教わりました。
私はリーダーになるために入門して、学級委員に選ばれ今はクラス代表をしています。
吉村先生は生徒会長も目指すようにアドバイスして下さります。
吉村先生の指導を受けた拳士が新中学生になりクラブに入部して、一度に5人のキャプテンが誕生したこともあります。私は凄いと思います。
吉村先生はよく私達をほめて下さります。その時私は嬉しい気持ちになります、次も来ようという気持ちになります。
吉村先生に色々な事を学び、達成感を味わい、まわりの人に見守られながら、目標に向かって生きていきます。